「街の不動産屋さん.NET」SQLデータベースのセッティング

「街の不動産屋さん.NET」をご使用になるにはお使いのPCもしくはサーバー機に「Microsoft SQL Server」がインストールされている必要があります。SQL Serverは、Microsoft社から無償の「Express Edition」が公開されていますので、自由にダウンロードが出来ます。以下にSQL Serverがインストールされていることを前提に、​データベース「街の不動産屋さん」SQLをセッティングする方法をご説明します。

「街の不動産屋さん.NET」データベースのセッティング

 

https://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=55994

 

図1コンピューターのエクスプローラーから[Cドライブ]-[Program Files]-[Microsoft SQL Server]-[MSSQL**.SQLEXPRESS]-[MSSQL]-[DATA]を開きます。※)** は、インストールされているSQLサーバーのバージョンによって数字が違います。

コンピューターのエクスプローラーから  [Cドライブ]-[Program Files]-[Microsoft SQL Server]-[MSSQL**.SQLEXPRESS]-[MSSQL]-[DATA]を開きます。

図2「DATA」フォルダを開いたところです。

「DATA」フォルダを開いたところです。

図3ここへ「街の不動産屋さん.NET」に同梱された​

「街の不動産屋さん」SQL.ldf

「街の不動産屋さん」SQL.mdf

「街の不動産屋さん」SQL_log.ldf​

の3つのファイルをコピペして下さい。

ここへ「街の不動産屋さん.NET」に同梱された  ​  「街の不動産屋さん」SQL.ldf 「街の不動産屋さん」SQL.mdf  「街の不動産屋さん」SQL_log.ldf  ​  の3つのファイルをコピペして下さい。

図4コピペしたところです。

コピペしたところです。

図5SQL Server Management Studioを開きます。

SQL Server Management Studioを開きます。

図6オブジェクトエクスプローラーの「データベース」フォルダの上で右クリックします。

オブジェクトエクスプローラーの「データベース」フォルダの上で右クリックします。

図7「アタッチ(A)」をクリックします。

「アタッチ(A)」をクリックします。

​図8「データベースのインポート」ウィンドウが開きます。

「データベースのインポート」ウィンドウが開きます。

図9「追加」ボタンを押します。

「追加」ボタンを押します。

図10「データベースFileの検索」ウィンドウが開きます。

「データベースFileの検索」ウィンドウが開きます。

図11右のウィンドウの中に「街の不動産屋さん」SQL.mdfのファイルが確認されます。

右のウィンドウの中に「街の不動産屋さん」SQL.mdfのファイルが確認されます。

図12「街の不動産屋さん」SQL.mdfを選択して「OK」ボタンを押します。

「街の不動産屋さん」SQL.mdfを選択して「OK」ボタンを押します。

​図13「データベースのインポート」ウィンドウに戻ります

「データベースのインポート」ウィンドウに戻ります

図14「街の不動産屋さん」SQLデータベースの詳細ウィンドウに​

「街の不動産屋さん」SQL.mdf

「街の不動産屋さん」SQL.ldf​

​を確認したら「OK」ボタンを押します。

​インポートが始まります。​

「街の不動産屋さん」SQLデータベースの詳細ウィンドウに  ​  「街の不動産屋さん」SQL.mdf  「街の不動産屋さん」SQL.ldf  ​  ​を確認したら「OK」ボタンを押します。  ​インポートが始まります。  ​

図15ウィンドウが閉じると、オブジェクトエクスプローラーのデータベースフォルダの下に「街の不動産屋さん」SQLが出来ています。​

ウィンドウが閉じると、オブジェクトエクスプローラーのデータベースフォルダの下に「街の不動産屋さん」SQLが出来ています。

図16「街の不動産屋さん」SQLの左の「+」を押してみます。データベースの各オブジェクトのフォルダが表示されます。

「街の不動産屋さん」SQLの左の「+」を押してみます。データベースの各オブジェクトのフォルダが表示されます。

図17オブジェクトのうち「テーブル」をクリックします。テーブルの詳細が表示されます。

オブジェクトのうち「テーブル」をクリックします。テーブルの詳細が表示されます。

図18その中から「dbo_T物件情報」の上で右クリックして「上位200行の編集(F)」をクリックしてみましょう。

その中から「dbo_T物件情報」の上で右クリックして「上位200行の編集(F)」をクリックしてみましょう。

図19「dbo_T物件情報」テーブルが表示されます。

「dbo_T物件情報」テーブルが表示されます。

図20「街の不動産屋さん.NET」を開いて「物件一覧表」ボタンを押してみましょう。

「街の不動産屋さん.NET」を開いて「物件一覧表」ボタンを押してみましょう。

図21このように物件の一覧が表示されています。​これで設定は完了です。​

このように物件の一覧が表示されています。  ​これで設定は完了です。
図22このとき下図のように「SQL Server への接続を確立しているときにネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。」のエラーが表示されてフォームが開けない場合があります。
SQL Server への接続を確立しているときにネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。

図23その場合は「街の不動産屋さん.NET」フォルダの中にある「VisualBasic街の不動産屋さんVer.2.exe.config」をメモ帳で開きます。 VisualBasic街の不動産屋さんVer.2.exe.config

図24開いたファイルの中ほど少し下にある”Data Source=”の部分がDELLDESK(私Inageのパソコン名です)になっていたら、この部分をご自分のパソコンあるいはサーバー機の名称に書き換えてください。これでエラーは回避されるはずです。 VisualBasic街の不動産屋さんVer.2.exe.config2

なおこの”Data Source=DELLDESK\SQLEXPRESS;Initial Catalog=「街の不動産屋さん」SQL;Integrated Security=True”のダブルクオーテーションに囲まれた部分は「接続文字列」と呼ばれ、VB.NETからデータベースを呼び出す際に重要なものになります。「街の不動産屋さん.NET」では「会社情報」フォームの「接続文字列:」の箇所に入力してください。

「街の不動産屋さん.NET」画面集

「街の不動産屋さん.NET」のODBC接続の仕方

NO IMAGE
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。